ニュース

ヤブイヌの性格と特徴!ヤブイヌと出会える場所!

ヤブイヌ性格や特徴は肉食で気性の荒い動物です。
生体をしっかりと把握し、ヤブイヌの魅力を感じていきましょう。

 

・ヤブイヌの性格や特徴がわかる。
・ヤブイヌの生息地や食べ物がわかる。

 

ヤブイヌの性格や特徴

ヤブイヌはブラジルやアルゼンチンなどの熱帯雨林や水辺、沼地に多く生息している動物です。
日本には生息しません。

特徴としては昼間、夜間どちらも行動しいる動物です。
体長が50~75cm、しっぽの長さが10~15cm、体重が4~7kgほどの動物になります。
イヌ科で水かきを持っているため泳ぎがとても得意です。

さらに特徴としてはメスは逆立ちしてマーキングすることです。
やはりイヌ科だけあってマーキングは大切なようです。
オスの場合は犬と同じように片足を上げてマーキングします。

鳴き声は犬と違い「キュン」と鳴きます。
声もイヌ程大きくないので可愛らしく感じます。
平均寿命は10年と言われています。

また群れで行動する動物のため、団体行動が基本です。
近年では森林伐採などの影響で生息数が激減しており、準絶滅危惧種にもしていされ今後も減り続けるとされています。
そのため、ペットとして飼うことはできません。
現在は動物園で鑑賞することができます。

生息地や食べ物

ヤブイヌはアルゼンチンやブラジル、コロンビアなどの森林や草原地帯、熱帯雨林に生息しており、水辺を好む傾向にあるようです。

食べ物は主に鳥や魚、果実、小動物など様々なものを食べます。
肉食だあって食べるものは様々なようです。

まとめ

イヌ科のヤブイヌは一見可愛いように見えて肉食です。
人間に襲い掛かるようなことはありませんが、犬とは多少違った特徴があるようです。
ペットとして飼うことができないため、動物園などで鑑賞してヤブイヌについて詳しくなりましょう。