ニュース

ウーバーイーツに反論!労働条件変更!

ウーバーイーツが労働条件の変更をしました。
これにより労働者は報酬がかなり減ることになりました。
これにより反論する労働者もでているようです。

・労働条件の変更内容
・反論する労働者

 

 

労働条件の変更内容

ウーバーイーツは商品の配達の距離なのによって報酬が上乗せされる仕組みになっています。
それは1キロあたりの報酬などの基本報酬を引き下げとなりました
これにより1日でかなりの差がでてしまい、数千円の引き下げになっているのが現状のようです。

ウーバーイーツは大学生やフリーター、会社員など様々な人がいる中で、急な変更などで数千円減額されるのは生活にかなり支障がでるのではないかと思います。
もう少し労働者に配慮した労働条件の変更を考慮すべきだと思います。

反論する労働者

ウーバーイーツの配達で作られている労働組合の「ウーバーイーツユニオン」が十分な説明がなかったとして話し合いの場をウーバーイーツに求めています。一方でウーバーイーツは配達員の収入に影響与えることは想定しておらず、今後もニーズに向き合いながら経営していくと発言したようです。

ウーバーイーツとウーバーイーツユニオンの話し合いは実現するかは未確定ですが、経営する側と働く労働側が納得する話し合いは必要だと感じました。
配達員の接客態度なども問題になっている現在、両者の話し合いが今後の運営を左右するかもしれません。

まとめ

ウーバーイーツは多くの労働者がいるため経営者側との話し合いが大切になってきます。
今後も労働条件が変更されるたびに話し合いが必要になるかもしれません。