ニュース

港区の二酸化炭素噴霧事件で逃げ遅れた原因はなぜ?

東京都港区で二酸化炭素を誤って噴霧してしまう事件が発生しました。
これによって死亡者も出ています。

港区の二酸化炭素噴霧事件で逃げ遅れた原因はなぜ?


地下の駐車場で誤って消化設備を作動させてしまい今回の事故が発生しました。
3人は自力で脱出しましたが、3人は逃げ遅れてしまったようです。
とても悲しくて事件ですね。

これにより警察や消防車、救急車などが出動してかなり大きな騒ぎになったようです。
港区の街中でこのような事件が発生するのはとても怖いですね。
作業員も1つ間違うと死亡事故につながってしまうため危険な作業だった事がわかりますね。
作業ミスは人間なので仕方のない事ですが、安全第一でしっかりと確認しながら作業してほしいです。

今回の逃げ遅れてしまった人は何故遅れてしまったのでしょうか?
自力で非難した3人もいるのにもかかわらず3人は遅れてしまいました。
この原因を調べてみました。
事件の詳細は発表されていないのでわかりませんが、予想では作業員と監視員に分かれて作業員しており、監視員は離れは場所で見ていたため非難できたのではないかと思います。

作業員は原因が発生した場所の近くで作業するので逃げ遅れてしまう確率が高くなってしまうと考えられます。
今後はこのような悲しい事件が無くなるといいですね。