ニュース

前田穂南ピンクユニホームでド根性フラミンゴの愛称の実力者です!

現在マラソンランナーでピンクユニホームを着て大活躍している田穂南さんです。
実力者だけではなく、見た目も可愛らしく人気があります。
そんな前田穂南さんはド根性フラミンゴと呼ばれている理由を探っていきたいと思います。

・前田穂南のド根性フラミンゴの理由がわかる
・前田穂南の私生活

 

前田穂南のド根性フラミンゴ

フルマラソンで活躍している前田穂南は現在東京五輪女子マラソン代表とされ、自己ベストを更新するなどして今進化し続けています
そんな前田穂南がド根性フラミンゴと呼ばれるようになったのにはいくつか理由があるようです。

1つ目

マラソンのユニホームがピンクでさらに自分自身も高身長(166cm)であることから、フラミンゴのようだと言われているためです。

2つ目

泥臭い練習が好きで根性があることからだそうです。
本人も様々な苦労をしてきたようです。

この2つが合体して「ド根性フラミンゴ」と呼ばれるようになりました。

前田穂南の私生活

普段は経理のお仕事をしており、商品の値札作りなどをしているようです。
お仕事をしている際の前田穂南はとてもおっとりしており、試合でガツガツ前へ出て走っている時とのギャップを感じます。

体型もとても細型で長距離走れるか心配になってしまうほどです。
すがレースでは大きな成績を残しているため、今の状態がベストなのかもしれません。
また顔立ちも体型から美人とも言われており、ネットでも話題になっています。

今度東京オリンピックにも出場するため、さらに認知度が上がり大人気の選手になる可能性も十分にあります。
また本人も東京オリンピックではメダルを狙うと発言しているので、今後に期待がかかります。

まとめ

普段はおっとりしておりゆっくりマイペースな前田穂南ですが、レースとなると別人になります。
その実力からオリンピックではメダルも期待されており、今後の成長にも注目していきたいところです。