ニュース

廣中璃梨佳ブルーキャップの理由!幸運のアイテム!

廣中璃梨佳ブルーキャップを必ず被って陸上をやっています。
今ではトレードマークにもなっているほどです。
キャップをつけて大会に出場する理由をみていきましょう。
また現在の職業なども知ることができます。

・ブルーキャップの理由がわかる
・現在の職業がわかる

 

ブルーキャップの理由

ブルーキャップは中学生時代に母親とスポーツ用品店で購入した物だそうです。
このキャップを被って中学生の大会に出場したところ、好成績を残したのです。
そのからブルーキャップが定着していったそうです。
また本人も、「これからも可能な限りは被り続けます」と宣言しています。
幸運のアイテムであるブルーキャップは被るたびに母親のことも思い出し、モチベーションもアップさせることができるのではないでしょう。
これからもこのブルーキャップを被って好成績を多く残して行ってるもらいたいと思います。

現在の職業

現在は日本郵便局の社員として仕事をしており、東京都内の郵便局でお仕事をされています。
そして業務終了後、日本郵政グループ女子陸上部のメンバーと共にグランドで駅伝などに出場するための練習をしています。
廣中璃梨佳は現在19歳なので今後の実力工場に期待できます。
たくさん練習してチームを引っ張って行けるような選手に成長してほしいと思います。

まとめ

ブルーキャップは母親から買ってもらった幸運のアイテムでした。
これこらもトレードマークであるブルーキャップを被って走り続けてほしいです。
また、今後も駅伝なのでも好成績に期待をしています。