芸能人

那須雄登は野球部でポジションは?パレートの誤算~でも活躍!

現在ジャニーズで「美 少年  那須雄登」として活躍しています。
そんな那須雄登は以前部活で野球をやっていたこともあったそうです。

野球のポジションはどこ?

那須雄登の学生時代の野球は小学1年製から中学3年生までの9年間やっていたそうです。
9年もやったらかなりの腕までを期待してしまいますね。

ちなみに部活動は「野球」「科学研究会」「社会研究会」を掛け持ちしていたそうです。
勉強もスポーツもできるといった感じの優等生ですね。

そして野球のポジションは「ショート」と「ピッチャー」だったそうです。
ピッチャーを任されることもあるのであればジャニーズだけでなく野球の才能もあったのかもしれません。

 

またジャニーズになってからも東京ドームで行われた「ジャニーズ運動会」にも参加したようです。

そこでは野球の種目もあり、那須雄登はピッチャーをやったそうです。
ちなみにキャッチャーは高橋優斗です。

 

その試合は負けてしまいましたが、ファンは那須雄登が奮闘している姿に感動したようです。
やはり野球は会場で直接見るのが1番ですね。
熱気、迫力、雰囲気などが伝わってきますからね。

今後もジャニーズ運動会といったイベントがあるなら是非とも参加してみたいと思います。

 

さらに2020年3月7日からWOWOWで始まる「連続ドラマW パレートの誤算~ケースワーカー殺人事件」で初のドラマ出演をすることが決まっています。

ドラマでも重要な悪役を演じるそうです。

本人は緊張していると発言していますが今までのジャニーズとしての活躍を見ると、ドラマも難なくこなしてその優等生らしさを見せつけてくれるのではないかと思います。

今から放送が楽しみです。

イケメンでジャニーズとしても活躍しておりさらに野球も上手いとなれば完璧ですね。
今後女性ファンもかなり増えることが予想されます。

まとめ

那須雄登は学生時代野球部に所属して、ショートとピッチャーをやっていたそうです。
さらにジャニーズ運動会ではピッチャーを任されていたそうです。

イケメンで運動神経抜群な那須雄登は今後もジャニーズとして活躍が期待されます。