芸能人

前田穂南ピアノで表彰された経験もある!リズム感覚を身につけてマラソンをしていた!

マラソン長距離選手として活躍している前田穂南ですがピアノが弾けるといった特技を持ち、表彰された経験も持ち合わせているようです。
そんな前田穂南についての詳細を見ていきます。

・前田穂南のピアノと習い事について
・前田穂南の走りについて

 

 

前田穂南のピアノと習い事について

2歳から高校生までピアノを習っていたようです。
さらに小学生の頃は美術教室、水泳、バスケットボールとたくさん習っていたそうです。

その中でもピアノと美術はかなりの腕前だそうです。
まさに優等生といった感じがします。

ピアノ

2歳から高校までピアノを習っていました。
かなり長く続けているため、腕前もかなりのものだそうです。
学校の卒業式では学校を代表して演奏したり、中学2年、3年で出場したコンクールで表彰されるなどかなりの腕前を持っていました

現在はマラソン選手として活躍しているため演奏する機会は少ないと思われますが1度は聴いてみたいと思うところです。

美術

美術教室でもその才能を発揮したそうです。
小学生に習っていた美術教室で書いた絵があります。

「風神」を書いたのですが、そのクオリティが高く大人が書いたのではないかと思われるほとレベルの高い作品となりました。
美術はセンスも大切なので才能を感じますね。

前田穂南の走りについて

現在オリンピックにも出場予定の前田穂南はかなりの努力家だそうです。
地道な練習をコツコツ続けて実力をつけてきました。
その成果があり大きな成績を残し、記録も伸ばし続けています。

また両親はピアノで得たリズム感がマラソンでも使われていると言っているそうです。
また本人も他人のペースに乱されずに自分のペースで走りたいと発言していることからピアノで培ったリズム感が生きているのかもしれません。

まとめ

マラソンだけでなくピアノや美術センスも抜群な前田穂南です。
将来マラソンを引退したあとはピアノや美術の世界でも活躍するかもしれません。