芸能人

伊藤沙莉は激辛好きでmyタバスコを持ち歩くほどの辛党だった!

現在映画やドラマで大活躍している伊藤沙莉はかなりの激辛好きなようです。
myタバスコを持ち歩いているほど辛いものが好きだそうです。
タバスコを持ち歩いてる人はそういないと思うので相当辛い物が好きだということがわかりますね。

・伊藤沙莉の激辛好きと家族の食事について

 

伊藤沙莉の激辛好きと家族の食事

9歳から芸能界に入りドラマや映画で大活躍をして現在も人気女優として活躍している伊藤沙莉はかなりの激辛好きとして知られてます。

以前のテレビ番組でも激辛好きとして紹介されたようです。
試食のシーンでも他の人が食べたら辛すぎるというものでも、伊藤沙莉が食べると全然余裕といった感じで食べていました。

また、本人は「おかずかない時はごはんにタバスコをかけて食べる」と発言しています。
ごはんとタバスコの相性がいいのかはわかりませんが、普通の人が食べたら辛すぎて飲み込めません。
これができるのであれば本当の激辛好きも言ってもいいと思います

さらに外食するのに密着したシーンmyタバスコを持ち歩き、焼き魚や海鮮丼にもタバスコをかけて食べるなどしておりました。
全ても物を辛くして食べるのが基本のようです。

魚などにタバスコをかけると魚の味もわからなくなりそうですね。
さらには自宅での撮影シーンでもお姉さんと一緒にタバスコを大量にかけて食事をしていました。

またお兄さんも辛い物は好きだそうです。
兄弟姉妹そろって激辛好きのようでした。
遺伝の部分もあるのかもしれませんね。

またその番組では3リットル以上の大量のタバスコがプレゼントされたそうです。
そのタバスコでタバスコフォンデュを再現したそうですが、他の共演者は食べることができずに終了したようです。
フォンデュまでいくともはや辛すぎて逆に想像できませんね…

そんな伊藤沙莉が辛い物にハマったきっかけは子役時代に軽いいじめにあったのが原因だそうです。
どうやらストレスを食事(辛い物)で解消するのが癖になってしまったため現在も激辛を好んで食べているようです。
今後の仕事のためにも健康に害のない範囲内で食べてほしいですね

まとめ

伊藤沙莉はタバスコフォンデュをするほどの激辛好きです。
また兄弟姉妹そろっての辛党です。
これからも女優として活躍するためにもほどほどにして健康的に過ごしてほしいですね。