芸能人

藤原さくらはギターを父親から教えてもらった?音楽のセンスは?

シンガーソングライターとして活躍する藤原さくらですが、バンドをしていた父親の影響で10歳からギターを始めたようです。

ギターを教えてもらったのは

10歳から始めたギターはやはりバンドをしていた父から教えてもらったようです。
やはり家族で音楽をしているとその影響を受けやすいようです。

しかも10歳から始ているため、現在はかなりの腕前になっています。
また高校生時代は東京や地元の福岡などで父親と一緒にライブ活動をしていたそうです。

さらにCDアルバムも制作するなどかなりの意気込みで活動していたようです。
その地道な努力の結果今の成果があるのかもせれません。

その後は東京に上京し、本格的に音楽に時間を使ったようです。
結果ドラマの挿入歌としても使用されるなど現在も活躍の幅を広げています。
父親も音楽をやっていたとのことなので才能もあるのかもしれません。

音楽のセンス

藤原さくらは音楽のセンスもあるようでLiveなどでも人気となっています。

YouTubeなどでもかなりの再生回数になっており、今後さらに人気がでてメディアでも大きく取り上げられるかもしれません。

しかもまだ20代という若さです。
今後の成長も期待できます。

また見た目も可愛いと評判です。
音楽のセンスもあるし見た目も可愛いときたらもう文句なしですね

まとめ

ギターは父親から教えてもらったようです。
さらに音楽のセンスもあり今後の活躍にも期待できます。
1度Liveを見に行ってみる価値はありそうです。