ドラマ

テセウスの船7話本当の犯人は校長先生?原作と違うシーンはどこ?

TBSで毎週日曜日から放送されている、大人気ドラマ「テセウスの船」で本当の犯人は誰なのかが注目されています。

本当の犯人は校長先生?

テセウスの船で犯人が誰なのかが注目されており、ネット上では様々な意見があるようです。
その中でも校長先生が怪しいという意見が多くあります。

 

 

 

 

個人的にも校長先生がだんだん怪しくなってきたと感じています。

犯人は以外なら人物の可能性も十分にあるということですね。
そのため現在のところ本人は校長先生と予想するのが妥当だと思われます。

原作とは違う?

原作では校長先生は犯人ではありませんでした。

そのためドラマでは校長先生が犯人だった場合、原作とは違うストーリーが描かれたということになります。
やはり原作があるため犯人がわかってしまうためドラマでは犯人を変えた可能性は十分にあります。

今後ドラマと原作の違いを比べて行くのも面白いかもしれませんね。
ちなみに原作では加藤みきおが犯人でした。
そのため現在は加藤みきおか校長先生のどちらかが犯人という説が濃厚だと思われます。

まとめ

現在のところ校長先生が怪しいといった意見が多いようです。
個人的にも校長先生がとても怪しいと感じてしまいます。

また、原作での犯人は加藤みきおでした。
そのため犯人の加藤みきおか校長先生のどちらかの可能性が高いと思われます。

今後の展開に期待したいですね。